2019/01/29 19:00

2018年の年間興収、2年連続微減も「健闘」歴代3位の2225億円

邦画の興収1位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」
邦画の興収1位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

 [映画.com ニュース]日本映画製作者連盟(映連)の新年記者発表が1月29日、都内のホテルで行われた。

 2018年の年間興行収入は2225億1100万円で、前年比97.3%。00年の興収発表以降最高だった16年から2年連続の微減となったが、歴代3位に踏みとどまった。岡田裕介会長は、「健闘した1年と言える。好調をキープしたと判断していい。閑散期といわれる時期も、映画ファンがついてきてくれた」と講評した。

 邦画の興収1位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の93億円で、実写としては03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」以来の90億円超え。「名探偵コナン ゼロの執行人」も6年連続で興収記録を更新し、91億8000万円の大台に乗せた。以下、「映画ドラえもん のび太の宝島」(53億7000万円)、「万引き家族」(45億5000万円、公開中)、「銀魂2 掟は破るためにこそある」(37億円)と続く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >