2019/01/29 21:00

安田顕、松下奈緒の“結婚への本音”を暴露「いい奥さんになる準備はできているのにと…」

主人公と、がんになった母との最期の日々を描く
主人公と、がんになった母との最期の日々を描く

 [映画.com ニュース]宮川サトシ氏による人気エッセイ漫画を映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の完成披露試写会が1月29日、都内で行われ、主演の安田顕をはじめ共演の倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司、メガホンをとった大森立嗣監督が舞台挨拶に出席した。

 宮川氏の実体験に基づき、主人公サトシ(安田)と、がんになった母(倍賞)との最期の日々から葬儀、そしてその後の人生を描いた感動作。頼りないが優しいサトシに扮した安田は、恋人役を担った松下の“結婚への本音”を暴露。「撮影中、『私は奥さん役が多い。いろんなタイプの奥さんを演じ、いろんなタイプの旦那さんと一緒になっている。いつでも、いい奥さんになる準備はできているのに……』と言っていた」と述べると、松下は顔を覆いながら「(今作の)サトシさんのようなタイプは初めてでした。どこか子どもに戻ってしまったみたいなところ、愛おしかったです」と大笑いだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >