2019/01/30 07:00

オダギリジョー長編初監督作クランクアップ「ある船頭の話」9月全国公開

主演は柄本明、共演に村上虹郎を迎える (C)2019「ある船頭の話」製作委員会
主演は柄本明、共演に村上虹郎を迎える (C)2019「ある船頭の話」製作委員会

 [映画.com ニュース]オダギリジョーが、「ブエノスアイレス」「恋する惑星」で知られる世界的撮影監督クリストファー・ドイル氏とタッグを組んだ長編初監督作品がクランクアップし、タイトルが「ある船頭の話」であることが発表された。主演は柄本明で、共演に村上虹郎を迎え、9 月から東京・新宿武蔵野館ほかで全国公開される。

 これまで監督作「バナナの皮」「フェアリー・イン・メソッド」(ともに自主制作短編)、第38回ロッテルダム国際映画祭招待作品「さくらな人たち」(09:中編)。テレビ朝日の主演ドラマ「帰ってきた時効警察」(07)第8話では脚本と演出を務めているオダギリ監督だが、これが長編映画、初挑戦。ジェニー・シュン&クリストファー・ドイルによる香港映画「宵闇真珠」(18)に主演したことがきっかけとなり、久々に監督業への思いを強くした。

 「ある船頭の話」は近代化以前と思しき山村が舞台。橋の建設が進む川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチ(柄本)は、村人の源三(村上)が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生は大きく変わっていく……というストーリー。脚本は“ドイルとタッグを組むなら、これ”とオダギリ監督からかねてから温めていたオリジナルのひとつから選び、改稿を重ねた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >