2019/01/30 12:00

自由自在の衣装&撮影、E・ストーンのヌード秘話 町山智浩が語る「女王陛下のお気に入り」の真髄

 [映画.com ニュース]第91回アカデミー賞で作品賞をはじめ9部門10ノミネートを果たした「女王陛下のお気に入り」のトークイベントが1月29日、都内で行われ、映画評論家の町山智浩氏が登壇した。

 本作は、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描く人間ドラマ。第91回アカデミー賞では、女王アンを演じたオリビア・コールマンが主演女優賞、女王に仕えるアビゲイルを演じたエマ・ストーンとレディ・サラを演じたレイチェル・ワイズがそれぞれ助演女優賞にノミネート。ランティモス監督も監督賞候補となり、「ROMA ローマ」と並び最多10ノミネートとなった。

 本作が「イヴの総て」(ジョセフ・L・マンキウィッツ監督)、「召使」(ジョセフ・ロージー監督)の影響を受けていると分析した町山氏は、作品の内容にちなみ“貴族のコスプレ”で登場。まず着目したのは「多分アカデミー賞を獲るだろう」と絶賛した衣装だ。「どう凄いかというと、時代考証、歴史を無視している点。化繊、デニムなど、当時は存在しなかった生地を使っていますよね。そしてほとんどの衣装が黒か白で統一されている」と自由自在さを指摘する。さらに「男性はド派手でメイクををほどこしているが、女性たちは基本的にすっぴんなんですよね。男と女が完全に逆転している世界」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >