2019/01/30 13:00

津田大介氏、情報化が加速させる“現代の独裁者”の危険性を指摘

 [映画.com ニュース]第二次世界大戦末期に起きた衝撃の実話を描いた映画「ちいさな独裁者」のイベントが1月29日に都内で行われ、ジャーナリストの津田大介氏、朝日新聞記者の藤えりか氏が登壇した。

 「RED レッド」「ダイバージェントNEO」などのロベルト・シュベンケ監督が、母国ドイツで撮影を行ったサスペンス。1945年4月、終戦まであと1カ月に迫り敗色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。その軍服を着て大尉に成りすましたヘロルトは、道中出会った兵士たちを次々と服従させ、やがて大量殺りくへと駆り立てられていく。

 本作の印象を問われ、津田氏は「ドキュメンタリーのような部分もあり、会話劇が多くて演劇的でもある。最初から最後まで緊張感がありますね」といい、「会社とか、自分が置かれている組織の中でどのように振る舞っているのか、どういう交友関係を築いているのか、考えさせる映画。1945年のドイツの話だけど、現代日本にも当てはめて考えることができる」と、遠く離れた時代の物語ではないことを強調した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >