2019/01/30 16:00

「バイス」で20キロ増量のクリスチャン・ベール、ゲイリー・オールドマンに役作り相談していた!

(左から)ディック・チェイニー、 クリスチャン・ベール (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
(左から)ディック・チェイニー、 クリスチャン・ベール (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門にノミネートされた「バイス」で、元米副大統領ディック・チェイニーを演じたクリスチャン・ベール。過酷な役作りにあたり、昨年のアカデミー賞で主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンに相談したことを米バラエティで語っている。

 2017年4月から役作りを開始し、約半年かけてパイをたくさん食べ、ご飯1杯に15個の卵を入れるなど、約20キロ増量させた。増量中に、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で辻一弘氏が特殊メイクを施し、チャーチルに扮したオールドマンに相談したといい「僕らの役へのアプローチは、まったく違っていた。僕は自分自身の体重を増やす以外にやり方を知らなかったんだよ!」と驚いたことを明かす。

 「その時は増量の途中で、丸々太った子どもみたいだった。ゲイリーに電話して『(ウィンストン・チャーチルの)役をやる時はどのくらい太った?』と聞いたら、『太ってない』と。僕は『なんだって?』と思った。もうすでに増量を始めてた自分がバカみたいだよ。(映画の特殊メイクが)こんなに進歩していたのを知らなかったんだ」と後悔をにじませる。

 しかし、その努力の甲斐もあり、第76回ゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル)主演男優賞を受賞し、第91回アカデミー賞でも主演男優賞にノミネート。きょう1月30日が誕生日であるチェイニー本人とベールの劇中での姿を並べた写真が公開され、再現度の高さがうかがえる。

 「バイス」は4月5日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >