2019/02/01 13:00

ユニバーサルの「ダーク・ユニバース」わずか1作で終了 リブート版「透明人間」は新たな方向で

 準備が再開したリブート版「透明人間」は、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」とはリンクせず、メガホンをとるリー・ワネル監督が自ら脚本を執筆。「パラノーマル・アクティビティ」や「ゲット・アウト」のプロデューサー、ジェイソン・ブラム率いるブラムハウスが製作するという。関係者によればデップの出演の予定はなく、「ダーク・ユニバース」計画は完全に消滅したようだ。

 今回の決定について、ユニバーサル・ピクチャーズの製作部長であるピーター・クレイマー氏は「わたしたちは、彼ら(往年の有名モンスター)をスクリーンに復帰させるにあたり、語りたい物語を持ったクリエイター主導のもと、それぞれ別々のアプローチを取ることにしました」と説明している。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >