2019/02/01 18:00

ヒュー・ジャックマンはなぜ、“失脚した男”を選んだのか?「僕は退屈な男」発言ににじむ役者論

「フロントランナー」に出演した真意を明かす
「フロントランナー」に出演した真意を明かす

 [映画.com ニュース] 当選確実と言われていた米大統領候補が、スキャンダルによって政界から葬られた衝撃的な実話の“裏側”を描く「フロントランナー」が、2月1日から公開中。本作を引っ提げて1月下旬に来日したヒュー・ジャックマンは、どのような思いで作品に取り組んだのか。「いい人」のイメージが強いジャックマンが、自身のイメージと真逆の役と格闘した日々を振り返った。

 映画で描かれるのは、1988年の米国大統領選挙。ゲイリー・ハート上院議員(ジャックマン)は、46歳の若さで最有力候補=フロントランナーに躍り出る。ジョン・F・ケネディの再来として大衆に愛され、当選は確実視されていたが、“ある疑惑”が一斉に報じられると事態は急速に変化していく。

 「オハヨウゴザイマス」と朗らかな笑みを浮かべて登場したジャックマンは、イメージそのままのジェントルマン。しかし、近年の出演作は「プリズナーズ」「チャッピー」「LOGAN ローガン」「グレイテスト・ショーマン」など、二面性のある役柄が多かった。ジャックマンに作品選びの“嗜好”を聞くと「僕って、本当は退屈な男なんだ」とやや驚きの答えが返ってきた。「結婚して、子供が2人いて、仕事が大好きなね。だからこそ、自分と同じような人物は演じたくない。今回みたいに今まで聞いたことのないようなストーリーにひかれるし、この映画は重要なことを示唆していると思う。僕は、『これはできるかどうかわからないぞ』というような“恐怖”を感じたいんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >