2019/02/02 12:00

「女王陛下のお気に入り」“時代錯誤”な斬新衣装に込めた狙いとは?特別映像が公開

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞をはじめ9部門10ノミネートを果たした「女王陛下のお気に入り」の特別映像が公開された。本作の衣裳を担当し、ヨルゴス・ランティモス監督や女優陣からも信頼の厚いサンディ・パウエルが、衣装のこだわりを語っている。

 本作は、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描く人間ドラマ。第91回アカデミー賞では、女王アンを演じたオリビア・コールマンが主演女優賞、女王に仕えるアビゲイルを演じたエマ・ストーンとレディ・サラを演じたレイチェル・ワイズがそれぞれ助演女優賞にノミネート。ランティモス監督も監督賞候補となっている。

 パウエルは、これまで「キャロル」「シンデレラ」などの衣装を担当。本作と「メリー・ポピンズ リターンズ」で第91回アカデミー賞衣装デザイン賞にダブルノミネートされた。

 パウエルは「監督の要望は、シルエットは史実のまま、素材や色で遊びたいと、つまりビジュアルを一から考案し直したの」と振り返り、「宮廷内の衣装はすべてモノクロに統一した。政治家たちは色で区別した」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >