2019/02/02 12:00

「アリータ」ワールドプレミアにキャスト集結!J・キャメロンは原作者の太鼓判に安ど

キャスト、スタッフらが集結! (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporatio
キャスト、スタッフらが集結! (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporatio

 [映画.com ニュース] 日本のSFアクション漫画「銃夢(がんむ)」を「アバター」のジェームズ・キャメロンが製作&脚本、「シン・シティ」のロバート・ロドリゲスが監督を務めて実写映画化した「アリータ バトル・エンジェル」のワールドプレミアが1月31日(現地時間)、英・ロンドンのオデオン・ルックス・レスタースクエアで行われた。

 主人公のサイボーグの少女アリータを演じたローサ・サラザールは黒とブルーのドレス姿を披露し、アリータの父親代わりとなるサイバー医師イドを演じたオスカー俳優クリストフ・ワルツ、アリータに好意を持ち、彼女の失った記憶を取り戻す手助けをするヒューゴを演じたキーアン・ジョンソン、イドの元妻チレンを演じたオスカー女優ジェニファー・コネリーらキャストが登壇。キャメロン、原作者の木城ゆきと氏、ロドリゲス監督も登場し、会場に集まった約1000人のファンから歓迎された。

 本作を鑑賞した木城氏は「漫画の核心の部分が見事に継承されていたと思いました。見かけだけではなく、キャラクターの心の動きや存在理由といったものも含めて、ちゃんと映画で反映されていて、非常にうれしかったです」と太鼓判を押す。キャメロン、ロドリゲス監督らに向けて「非常にリスペクトしてくれていたので、信頼して映画を任せることができました」と感謝した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >