2019/02/02 14:00

真鍋大度氏、音声だけで展開するサスペンス「THE GUILTY」は「音響彫刻のような映画」

聞き手を務めた映画評論家の森直人氏と
聞き手を務めた映画評論家の森直人氏と

 [映画.com ニュース]デンマークのサスペンス映画「THE GUILTY ギルティ」の試写会イベントが2月1日都内であり、メディアアーティストの真鍋大度氏が登壇。映画は深夜の緊急通報指令室を舞台に、主人公の警察官が電話からの音声だけで誘拐事件を解決するという展開が世界の映画祭で話題を呼んだ異色作。真鍋氏は「耳を澄ませて見る映画。細かく作りこまれている音響彫刻のような映画」と作品を評した。

 「音にフォーカスしているということ、音を聞いて感じたり、イメージすることが人によって違うということが自分が最近興味を持って取り組んでいる作品のテーマに近く、見ておかなければと思った。かなり思いきった作品で満足しました」と本作に興味を持ったきっかけと感想を語る。

 本作ならではの音響設計として気づいた点について「強調されていると思ったのは、主人公が話していないときの部屋の背景の機械音がかなり低音で鳴っていること。会話が始まるとカットされているので、それでシーンチェンジしたようになる」と指摘し、「音量だけでなく、イヤホンの先の世界のレンジが狭い。低音が出ている世界とそうでない世界がある。また、マイクで拾った音をいろんなバリエーションで作っているので、サウンドデザイン、音的にとても興味深い。そこに物語のヒントが隠されているので、聞き耳を立てて頭の中で妄想できるのが面白い」と、物語の“聞きどころ”を挙げた。そして「日本語で吹き替えで見ることができたら、また違った体験ができるかもしれない」と提案した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >