2019/02/04 06:00

ジェームズ・キャメロンが緊急会見!悲願の映画化「アリータ バトル・エンジェル」を語る

ジェームズ・キャメロンと木城ゆきと氏
ジェームズ・キャメロンと木城ゆきと氏

 [映画.com ニュース] 木城ゆきと氏のSF漫画「銃夢(ガンム)」を実写映画化した「アリータ バトル・エンジェル」の脚本・製作を手がけたジェームズ・キャメロンが、本作のワールドプレミアが行われた英ロンドンから、日本のメディアに向けて緊急中継会見を開いた。

 はるか未来を舞台に、スクラップの山から発見されたサイボーグの少女アリータが、300年前に失われたはずの“最強兵器”として目覚め、彼女を破壊しようとする巨大な黒幕と対決する。ギレルモ・デル・トロから原作を紹介され、すぐさま映画化権を獲得。以来、20数年にわたり、本作の映画化はキャメロンにとって悲願のプロジェクトだった。

 「斬新な世界観はもちろん、アリータのキャラクター性に魅了された」と振り返るキャメロンは、当時13歳だった娘への思いもこめた脚本を執筆。企画段階から、世界興収歴代1位を樹立した「アバター」と同時進行していたといい「自分がメガホンをとりたい気持ちも強かったが、結果的に『アリータ』は後回しになってしまった」と明かす。その後、監督に起用されたのは「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。「未完成だった脚本を読んだロバートが『すべてのシーンが見える』と言ってくれたから、バトンを渡した。そうでなければ、『アリータ』の映画化はもう20年遅れただろうね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >