2019/02/04 10:00

井浦新主演! 京都を舞台にした恋愛模様を幻想的に描く映画「嵐電」初夏公開

嵐電の不思議に迫るノンフィクション 作家役の井浦新 (C)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design
嵐電の不思議に迫るノンフィクション 作家役の井浦新 (C)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design

 [映画.com ニュース] 京都市街を走る路面電車を舞台に、交錯する3つの恋愛を幻想的に描いた映画「嵐電」が、2019年の初夏に公開されることがわかった。あわせてお披露目された第1弾予告編には、主演を務める井浦新の姿がおさめられている。

 鎌倉から京都にやってきたノンフィクション作家の平岡衛星は、路面電車・京福電鉄嵐山線(通称らんでん)にまつわる不思議な話について、取材を開始する。衛星には、妻・斗麻子とともに経験した、過去のある出来事を呼び覚ます目的があった。さらに、修学旅行中の女子学生と電車をスーパー8ミリフィルムで撮影する少年の恋、無名の俳優と京都弁の指導をすることになった女性の出会いなど、嵐電を軸に3つの恋愛模様が展開する。

 主人公・平岡を演じるのは、話題作や意欲作に出ずっぱりの井浦。「ゲゲゲの女房」の監督を務め、俳優としても活躍する鈴木卓爾がメガホンをとり、異世界を意識した眼差しで、ささやかな人間ドラマを描出している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >