2019/02/06 05:00

ヘドロのような不倫劇演じてきた仲里依紗が枕を濡らす理由は?

仲里依紗「息子は食べたくなるくらいかわいい」
仲里依紗「息子は食べたくなるくらいかわいい」

 [映画.com ニュース] セックスレスに悩む結婚15年目を迎えた夫婦のダブル不倫を描いたWOWOWドラマ「それを愛とまちがえるから」の完成披露試写会が2月5日、東京・東銀座の時事通信ホールで行われ、主演の稲森いずみをはじめ、共演した鈴木浩介、仲里依紗、LiLiCoが登壇した。

 専業主婦の伊藤伽耶(稲森)は、仕事熱心な夫・匡(鈴木)と結婚15年目を迎えた。しかし、そんな夫婦が抱える問題は、長きに渡るセックスレス。漫画家の誠一郎(安藤政信)と不倫関係を結んでいた伽耶だったが、やがて夫にも恋人・朱音(仲)がいると判明し、夫婦とそれぞれの恋人が織りなす危険な四角関係が幕を開ける。

 従来の不倫劇と異なる点を、稲森は「夫婦公認の恋人がいるというのは突飛な話だと思われるんですけど、実は普遍的な愛の話です。ヘビーな内容なんだけど、軽やかに受け入れられる独特な雰囲気があるドラマ」とアピール。鈴木は「とにかくそれぞれの役が鬼のようにしゃべってます、(セリフを)覚えるのは地獄でした!」と振り返り、仲は「どろどろのヘドロみたいな不倫ドラマばっかりやってきたから、明るい雰囲気でびっくりしました」と笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >