2019/02/06 15:00

ラミ・マレック、性的暴行疑惑のブライアン・シンガー監督について初コメント

ラミ・マレック
ラミ・マレック

 [映画.com ニュース] 新たな性的暴行疑惑が浮上した「ボヘミアン・ラプソディ」のブライアン・シンガー監督について、主演のラミ・マレックが初めて言及した。

 米アトランティック誌は1月23日(現地時間)、シンガー監督から性的暴行を受けたとする男性4人の証言を含む告発記事を掲載した。シンガー監督は、「ボヘミアン・ラプソディ」の撮影を無断で欠席するようになったことから、主演のマレックと対立。その後、米20世紀フォックスが「職業倫理に反する行動」を理由に解雇。残り撮影と仕上げをデウスター・フレッチャー監督(「イーグル・ジャンプ」)が引き継いでいる。

 これまで同作のプロモーションで、マレックはシンガー監督についてのコメントを避けてきたことで知られている。対立した監督のことを話すことで、フレディ・マーキュリーやクイーンから注目が逸れてしまうことを恐れた措置だったというが、告発記事の登場で状況が変わったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >