2019/02/06 16:00

野村萬斎&香川照之が深めた、同志としての絆

野村萬斎と香川照之
野村萬斎と香川照之

 [映画.com ニュース] 狂言師の野村萬斎が、池井戸潤氏のベストセラー小説を映画化した「七つの会議」に主演。ドラマ「半沢直樹」、「下町ロケット」などで福澤克雄監督が構築した“池井戸ワールド”に新風を吹き込んだ。これまでの情熱的な主人公像とは一線を画し、中堅メーカーでぐうたら社員と揶揄(やゆ)される万年係長だ。一方、福澤組を知り尽くす香川照之は、エリートコースを歩んだ営業部長として圧倒的な個性を発揮。共に待望の初共演。格闘技、ラグビーのスクラムなどと例える濃密な攻防を繰り広げ、同志としての絆を深めた。

 「舞台や古典で培った演技とは違う部分を大事にしなければいけないと思いつつ、香川さんをはじめ演技に熱があり、テンションが高くていい現場だということが分かりました。格闘技の試合をしているようで、まさしく人と人がぶつかり合うところをカメラで撮るという、いいお手本を示していただきました」

 萬斎がこう振り返るのは、冒頭の営業会議のシーン。結果至上主義の営業部長・北川誠が机を叩きながら「売って、売って、売りまくれ!」とカツを入れる、部下がおう吐するほどの緊張感を強いられる場面だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >