2019/02/06 20:30

「チョコプラ」の次なる野望!?  和泉元彌&IKKOを巻き込み「サーカスみたいになりたい」

ギャグ満載でアフレコに挑戦!
ギャグ満載でアフレコに挑戦!

 [映画.com ニュース] 「セサミストリート」で知られるジム・ヘンソンカンパニーが製作した「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」の公開アフレコが2月6日、東京・麻布のアオイスタジオで行われ、ウェブオリジナルスポットのナレーションを務めることになったお笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平と松尾駿が参加した。

 物語の舞台は、人間とパペットが共存する世界。ロス市警初のパペット刑事フィル・フィリップは、人質事件での失態がもとでクビになり、現在は私立探偵として暮らしている。ある日、フィルはパペットが経営するアダルトショップで起こった凄惨な事件に遭遇。かつての相棒の“おばさん刑事”コニー・エドワーズ(メリッサ・マッカーシー)とともに捜査を開始する。

 和泉元彌とIKKOのモノマネでおなじみのチョコレートプラネットは、この日は公開アフレコに挑戦。開始前から長田は「そろりそろりと自分のペースでやりたいと思います」と宣言し、松尾は「ナレーションは本当に肌に良くて、つるつるになるので、ガンガンやっていきたいと思います」と語り、絶好調の様子だ。本番では「(柿を食べる)あ~む!」「どんだけ~!」など、ギャグ満載でやり切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >