2019/02/07 12:15

デイミアン・チャゼル&ライアン・ゴズリング 歴史的偉業よりも描きたかった「家族の姿」とは

デイミアン・チャゼル監督(左)と ライアン・ゴズリング
デイミアン・チャゼル監督(左)と ライアン・ゴズリング

 [映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いた「ファースト・マン」が、2月8日から公開中される。1969年、世界中が固唾をのんで見守った月面着陸という歴史的偉業を、あえて本人と家族の個人的な体験として描いた。これは、ひとりの男の喪失と再生の物語だ。(取材・文/編集部、写真/奥野和彦)

 「これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」という名言を残した、アポロ11号の船長アームストロング。ジェームズ・R・ハンセン著「ファースト・マン ニール・アームストロングの人生」を基に、当時の宇宙飛行士やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、世紀のプロジェクトに挑んだアームストロング自身の姿が描かれる。今作は「ラ・ラ・ランド」製作前から企画が進み、チャゼル監督の「彼以外は考えられない」という強い希望でゴズリングのキャスティングも初期段階で決定。まさに二人三脚で作り上げた作品だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >