2019/02/07 13:00

安元洋貴&田中理恵が語る「アクアマン」の魅力は「可愛い」「母性本能をくすぐる」

 アフレコ風景を聞かれると、安元は「僕と田中さんは一緒に録れて、(スタッフが)掛け合いの生々しさを大事にしてくれた」と明かし、「そこも大きかった。勝手な感想ですが、大満足の吹き替えでした」とニッコリ。さらに、アクアマンの弟であるオームの声を担当した中村悠一に言及し、「僕より先に中村悠一が録り終わっていて。普段、あまり連絡寄越さないのに『先に録ったぜイエ~』と(笑)。中村なりに気を使ってくれたのかな」と感謝していた。

 またアクアマンの魅力については、安元は「台本を読んで感じたことは、可愛いんです。なんてチャーミングな男なんだ」と明かす。「モモアさん自身もかなりチャーミングで、Twitterでラーメン食っているところを見たりしました。アクアマン自身も、ただのいかつい兄ちゃんではなく、チャーミングさもあってそのバランスが人間くさい。驚きのタイミングでギャグを言ったりするし、無駄に暴力を振るわない愛情深い男」と続けると、田中も「『ゲーム・オブ・スローンズ』のモモアさんもすごく好きなんですが、アクアマンではチャーミングさもすごくあって。母性本能をくすぐってきます」と同調していた。

 一方でメラに対して、田中は「ものすごく気高く、真面目で、男に媚びない。でもちょっとツンデレ。自分自身が強いので、アクアマンを押しのけて戦ったりもするし、アンバーさんはどのカットを見ても美しい」とあこがれの様子。これには安元も「アンバー・ハードはきれいだよね! 『うわ!』と思った。それでツンデレなんだから、特盛だね」と笑っていた。

 「アクアマン」は、2月8日から公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目の前のことをコツコツと進めること。今日は手を広げるより、...もっと見る >