2019/02/07 14:00

ゆうばり国際映画祭2019、審査委員長は白石和彌監督! キム・ギドク幻の問題作など上映作品発表

ラインナップ会見が開催
ラインナップ会見が開催

 [映画.com ニュース] 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」のラインナップ記者会見が2月6日、北海道・札幌市内のホテルで行われ、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門の審査委員長を白石和彌監督(「孤狼の血」「麻雀放浪記2020」など)が務めると発表された。各部門の作品も明かされ、チャン・グンソクが主演し、キム・ギドク監督がメガホンをとった「人間、空間、時間、そして人間(仮題)」がオープニング招待作品として上映されることがわかった。

 1990年にスタートした同映画祭は、SF、ホラー、ファンタジー、アドベンチャー、アクション、サスペンスなどのファンタスティック映画が対象。29回目の開催を迎え、今年度のコンペ部門応募総数は、425作品(日本:362作品、海外:63作品)となった。ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門の審査員には、女優の長谷直美、冨永昌敬監督、韓国・プチョン国際映画祭プログラマーを務めるモ・ウニョン氏、日本映画の批評も手がけるプログラミング・アドバイザーのマーク・シリング氏が担当。インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門は、同映画祭の常連である久保直樹監督が審査委員長に初就任。沖田修一監督、安藤桃子監督とともに、若手クリエイター発掘のため審査に臨む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >