2019/02/08 04:00

「リング」最新作は池田エライザ主演で5月24日公開 新たな貞子が、きっと来る

主演は池田エライザ、監督は中田秀夫 (C)2019「貞子」製作委員会
主演は池田エライザ、監督は中田秀夫 (C)2019「貞子」製作委員会

 [映画.com ニュース] 世界的人気ホラーシリーズ「リング」の最新作が、「貞子」のタイトルで5月24日に公開されることがわかった。主演は、若手実力派女優として進境著しい池田エライザ。シリーズ第1作を手がけた中田秀夫監督が再びメガホンをとり、“貞子の恐怖の原点”を描き出す。

 鈴木光司氏のホラー小説を映画化し、興行収入20億円を超える大ヒットを記録した「リング」(1998)。後に続くJホラーブームの火付け役となっただけでなく、米ハリウッドでもリメイクされるなど、世界的な人気を博す“ホラー映画の金字塔”にまで成長した。

 シリーズ誕生から約20年間、スマートフォンの登場など社会的変化に即し、歩みを止めず進化を遂げてきた貞子。「日本で最も有名な怨霊」として、マスコット扱いされることも少なくないが、今作では「リング」オリジナルチームが結集し、観客を新たな恐怖のどん底に突き落としていく。

 池田が演じるのは、病院で心理カウンセラーとして働く茉優。公営住宅の火事により保護され、記憶喪失となった少女を担当したことから、奇妙な出来事に巻き込まれていく。「お話をいただいた時は、日本にとどまらず世界に衝撃を与えた作品に携わることへの喜びとともに、『貞子』というタイトルを私が背負っていいものか不安な気持ちになりました。ですが監督の熱のこもった言葉たちに救われて、この作品に身を投じること決意いたしました」と振り返り、「平穏な世界にじわじわと迫り来る恐怖……。現場は穏やかに見えて、いつも何処か張り詰めていました。生唾を飲んで、身を硬直させ、冷や汗をかき……、最後にはそこが映画館である。ということに安堵していただける……のかな。保証はできませんが、ひとつ言えるのはこの映画、容赦ないです。どうか楽しみに待っていてください」とホラーファンの期待をあおっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >