2019/02/08 16:00

脱走兵が独裁者と化す衝撃実話「ちいさな独裁者」監督、観客に問う!「自分だったらどうする?」

「RED レッド」や「ダイバージェント」で知られる
「RED レッド」や「ダイバージェント」で知られる

 [映画.com ニュース] 第二次世界大戦末期に起きた衝撃の実話を描く「ちいさな独裁者」(公開中)のロベルト・シュベンケ監督が、来日を果たした。「RED レッド」や「ダイバージェント」シリーズなどハリウッドで活躍するシュベンケ監督は、「脱走兵が大尉に成りすまし、大量殺戮を行っていた」という恐るべき物語に、どのような思いで挑んだのか。映画.comでは単独インタビューを行い、紐解いていく。

 1945年4月、終戦まであと1カ月に迫り配色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルト(マックス・フーバッヒャー)は、捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身にまとって大尉に成りすまし、道中出会った兵士たちを次々と服従させ親衛隊のリーダーとなっていく。

 シュベンケ監督にとって、本作は母国ドイツで久々に製作した作品。それゆえに、思い入れも特別だ。「この映画は、大きな意味で人間の本質と向き合っている作品だと思う。我々に起こりうる、起こす可能性のあることが描かれているので、今日的な映画でもあるんだ」と総括したシュベンケ監督は、「人というのは、『自分はこんなことしない、違う』と思い込む力があって、それはすごく危険なことだと思う。『自分にもそういったことは可能だ』と意識しないと、それに対して戦うこともできない。一般市民が持ち寄る勇気の物語の映画でもあると思うし、個人の選択についての映画だとも思う。誰も『ノー』と言わないとどうなるかを描いている映画でもあるね」と続ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >