2019/02/09 12:30

ベルリン国際映画祭開幕!ジュリエット・ビノシュ審査委員長らが会見

ジュリエット・ビノシュら審査員メンバー 写真:ロイター/アフロ
ジュリエット・ビノシュら審査員メンバー 写真:ロイター/アフロ

 [映画.com ニュース] 69回目を迎えたベルリン国際映画祭が、2月7日(現地時間)に開幕した。今年は名物ディレクターとして18年間にわたりベルリンの顔だったディータ・コスリックの最後の年に当たるため、開幕前から注目を集めていた。

ベルリンを一般観客に開かれた世界で最も大きな映画祭に育て、ポリティカルなフェスティバルというカラーをもたらした立役者。映画人からも好かれるエキセントリックな魅力のある人物だ。その一方で規模を大きくしたあまり、カンヌやベネチアに比べるとクオリティが落ちてきたという批判も最近は上がっていた。

 結果的に今年は、名の通った映画人の作品が少ない。オープニングフィルムはタハール・ラヒムとゾエ・カザンが共演するロネ・シェルフィグ監督(「幸せになるためのイタリア語講座」)の新作「The Kindness of Strangers」。シェルフィグを含む17本のコンペティションは、ファティ・アキン、フランソワ・オゾン、チャン・イーモウ、 アグニエシュカ・ホランド、イザベル・コイシェのほかは、未知数の監督たち。ただしその分、若手の才能に出会える可能性はある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >