2019/02/09 20:01

高良健吾主演「多十郎殉愛記」で「さぬき映画祭2019」開幕!

登壇した高良健吾
登壇した高良健吾

 [映画.com ニュース] 香川県出身の本広克行監督がディレクターを務める「さぬき映画祭2019」が2月9日、香川・高松市内ほかで開幕し、「多十郎殉愛記」がイオンシネマ東高松でオープニング上映され、主演の高良健吾、中島貞夫監督らが登場した。

 同作は84歳の巨匠、中島貞夫監督が「極道の妻たち 決着(けじめ)」(1998年)以来、20年ぶりにメガホンをとった長編劇映画。幕末の京都を舞台に、長州を脱藩した浪人の清川多十郎(高良)、店の用心棒である多十郎に好意を寄せる居酒屋のおとよ(多部未華子)、多十郎を頼って上洛してきた腹違いの弟・数馬(木村了)の物語。「殺陣の魅力を存分に見てもらうこと」をコンセプトに、生身の人間が見せる極限のパフォーマンスや1本の刀に込めた「男の情念」「殉愛」を描く。

 中島監督は「最後の作品のつもりで撮った。京都の映画界で育ったので、最後のシャシンはチャンバラだろうと思った。高良ちゃんは孫みたいなもの。会話も通じないだろうと思っていたけども、それは杞憂だった。撮影期間と同じくらい、殺陣を訓練してもらい、高良ちゃんは斬られ役の稽古にも入ってくれた。斬るよりも斬られる方が難しい。シャシンにかけるものを感じた」と大絶賛だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >