2019/02/09 22:25

元宝塚男役・沙央くらま、「男性のいる現場に行くのは怖かった」

沙央くらまと廣瀬智紀
沙央くらまと廣瀬智紀

 [映画.com ニュース] 「さぬき映画祭2019」で2月9日、元宝塚歌劇団専科男役の沙央くらま、「映画 刀剣乱舞」などで活躍する廣瀬智紀が出演するSFサイコホラー「鹿沼」が香川・イオンシネマ綾川で特別先行上映され、杉本逹監督、沙央、廣瀬が舞台挨拶に立った。

 「鹿沼」は2040年、政府の完全管理ネットワークに出現した謎のサイト「鹿沼」を巡る近未来SF。天才心理学者タケル(黒羽麻璃央)は鹿沼がシリアルキラーを育成するサイトであることが解き明かし、最恐のシリアルキラー4人と戦いを繰り広げるというストーリー。8割程度、台湾で撮影した。

 廣瀬は「サイコサスペンスは初めて。緊迫感ある撮影でしたが、楽しかったです」。昨年2月11日に宝塚を退団し、4月にクランクインした本作が映画デビュー作となった沙央は「宝塚を辞めたてで女性役を演じられたのがよかったのですが、2.5次元舞台や宝塚を見た人が、この映画を見てどう感じたのか気になります」と言うと、テレビバラエティーのディレクターが本業の杉本監督が観客に直撃インタビューを開始。「苦手のジャンルだったけども、面白く見られました」「格好良かったけども、グロかった」「コマ(沙央の愛称)さんは女性の姿でも格好良かったです。ただ、(怖い場面では)少し目をつぶらせていただきました」といった感想を引き出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >