2019/02/14 05:00

東出昌大、瀬々敬久監督との再タッグ作「悪党」で連続ドラマ初主演! 共演は松重豊

薬丸岳氏のミステリー小説をドラマ化
薬丸岳氏のミステリー小説をドラマ化

 [映画.com ニュース]俳優の東出昌大が、薬丸岳氏の小説をWOWOWで映像化する「連続ドラマW 悪党 加害者追跡調査」で連続ドラマ初主演を飾ることがわかった。東出が演じるのは、探偵でありながら被害者遺族としてのトラウマも抱える主人公・佐伯修一。松重豊と共演し、“犯罪被害者遺族は、加害者を赦すべきか、赦さざるべきか”という究極のテーマを問いかける。

 演出を手がけるのは、2018年に薬丸氏の小説を映画化した「友罪」を発表した瀬々敬久監督。「常日頃は地縁や血縁の言わば世間で生きていた人間が、一旦犯罪に関わってしまうと、社会的人間に変わってしまう。加害者も被害者も禍々しい体験を経て、テレビのニュースや新聞の報道で人目に晒され、“普通の人”だった人々が“社会的人間へと変貌してしまうのだ。一方で犯罪は、そこに関わる人々の日常では決して見ることが出来ない生々しい感情まで表出させてしまう」と分析し、「これまで犯罪を映像化するにおいて自分が惹かれて来た理由はそこらにある気がする」と語る。そして「でも『悪党』はそんなもんじゃない。そんなところも超えている。もしそういうところまで描けるなら描いてみたい」と本作への意気込みを明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >