2019/02/14 07:00

シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」6月28日公開決定! ティザーチラシ&特報完成

両A面のティザーチラシ (C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
両A面のティザーチラシ (C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

 [映画.com ニュース] シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を飾る映画「新聞記者」が、6月28日に公開されることが決定。あわせて、両A面のティザーチラシと特報映像がお披露目された。

 東京新聞記者・望月衣塑子氏による書籍を原案にした本作は、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫る女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだ若手エリート官僚の対峙と葛藤を描き出したサスペンスエンタテインメント。「かぞくのくに」「あゝ、荒野 前篇」「あゝ、荒野 後篇」「愛しのアイリーン」などで知られる河村光庸氏がプロデュース、「青の帰り道」「デイアンドナイト」の藤井道人監督がメガホンをとり、「国家権力と報道」をテーマにしたオリジナル作品を創出した。

 シムと松坂が国会議事堂を背に立ち並び、それぞれが違う方向を向いている様子をとらえたチラシは「この映画を、信じられるか――?」というコピーを配置。同調圧力が満ちる現代において、2つの“個”が大きな力に立ち向かおうとするドラマを感じさせるとともに、見る者の見識をも問いかけているようだ。一方、スポットライトに照らされた国会議事堂にフォーカスを当てたバージョンは、「たった今、権力の闇の中へ――」という刺激的な言葉が添えられている。また、特報映像は、力強い眼差しと涙を見せているシム、苦悩や怒りに満ちた表情を浮かべる松坂の姿、「ひょっとしたら政権がひっくり返るかもしれないぞ」というセリフが印象的な仕上がりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >