2019/02/14 10:00

無名の自主映画、新宿ピカデリー上映実現は“バーフバリ旋風”の影響があった!

漫画家カップルが見つめる未来は希望か、不安か… (C)2017 UNUS Inc.
漫画家カップルが見つめる未来は希望か、不安か… (C)2017 UNUS Inc.

 [映画.com ニュース]新進の30代俳優・佐藤秋と山口遥が、自ら監督&脚本&主演を兼ねた映画「足りない二人」の東京・新宿ピカデリーでの上映(2月21日)という夢を叶えようとしている。2014年6月から始まった2人の歩みの転機となったのは“1通のメール”――彼らの思いを受けとめ、今回の上映へと導いた「松竹マルチプレックスシアターズ」番組編成部・鷹取将生氏に話を聞いた。

 本作の舞台となるのは、北海道・積丹郡美国町。共同で漫画作家をしている小山内(佐藤)と楓子(山口)が、行き詰まる日々を変えるべく、勝負の1本として自分たちをテーマにした作品に着手。「2人で描けば、絶対に面白いものになる」と未来に希望を抱く小山内に対して、30歳の誕生日を目前とする楓子は「2人でいるから、うまくいかない」と将来に不安を募らせていく様が描かれていく。

 「俳優としての居場所づくり」として製作がスタートし、多くの困難を乗り越えて完成へと至った「足りない二人」。新宿を代表するシネマコンプレックス型映画館(新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿、新宿バルト9)での上映という“映画ドリーム”を叶えるべく、佐藤と山口は18年2月18日に各劇場の運営元である松竹、東宝、東映に対して上映依頼のメールを送っていた。鷹取氏が2人に電話をかけたのは、同年3月1日のこと。「心が折れかけていた」という佐藤と山口にとっては、願ってもない吉報だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >