2019/02/14 22:05

稲垣吾郎、これまでの“歩み”を振り返り「今が一番幸せ」

登壇した稲垣吾郎
登壇した稲垣吾郎

 [映画.com ニュース] 俳優の稲垣吾郎が主演し、阪本順治監督がメガホンをとった「半世界」の先行上映会が2月14日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、稲垣と阪本監督をはじめ、共演の池脇千鶴、渋川清彦が出席した。

 第31回東京国際映画祭で観客賞を受賞した本作は、39歳という年齢を迎えたかつての同級生3人の友情物語を軸に、「残りの人生をどう生きるか」という葛藤、家族との絆、そして新たな希望を紡ぐ物語。稲垣が演じたのは“不器用な”炭焼き職人の紘。その設定にちなみ「不器用だと思う人は?」と問われた阪本監督は、稲垣を指し示した。「器用な人は時代の潮流ばかりを追いかけ、目移りばかりしているから短命なんですよ。吾郎はここまでやってきた。ある種の器用さがあれば、こんなには続いてこなかったはず」と分析。稲垣はその発言を受けて「ありがたいお言葉で嬉しいです」と満面の笑みを浮かべていた。

 バレンタイン当日ということもあり、稲垣が紘の妻・初乃役を演じた池脇にバラの花束をプレゼントするひと幕も。“アラフォー”の役柄に紐づけて、バラの本数は40本。感謝の意味を持つピンク色の20本は「全国の奥様、御姉様方に」、情熱の花言葉で知られる赤の20本は「紘から初乃さんへの愛」と説明した稲垣。女性に喜ばれる花の贈り方を聞かれると「僕も女性、男性問わず、花をプレゼントすることがあります。(コツは)その人をイメージすること。あとは気持ちが大切。きっと喜んでくれると思いますよ」と世の男性にアドバイスを与えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >