2019/02/15 06:00

水谷豊監督最新作「轢き逃げ」テーマソングは手嶌葵!予告編が公開

作品に寄り添うテーマソングが誕生した (C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会
作品に寄り添うテーマソングが誕生した (C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 「相棒」シリーズなどで知られる俳優・水谷豊が監督・脚本・出演を兼ねた「轢き逃げ 最高の最悪な日」のテーマソングが、手嶌葵の歌う「こころをこめて」に決定。あわせて、同曲を使用した予告編が公開された。

 ある地方都市で起きたひき逃げ事件を発端に、加害者、被害者だけでなく、事件に巻き込まれた人々の人生が複雑に絡み合い、それぞれの抱える心情、隠された思いが浮き彫りになっていく。オーディションで抜てきされた中山麻聖、石田法嗣が主演を務め、小林涼子、毎熊克哉、岸部一徳、檀ふみが共演。水谷も被害者の父役で出演している。

 手嶌は「ゲド戦記」の挿入歌「テルーの唄」でデビューし、その後も数々の主題歌やCMソングを担当してきた。今回歌う「こころをこめて」は、ひき逃げ事件を起こした秀一(中山)の親友で、自身も助手席にいた輝(石田)が、学生時代聴き続けた思い出の曲という設定。劇中では、事故を起こした後、秀一の部屋で2人が聞く劇中歌として流れるほか、エンディングでも使用されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >