2019/02/15 12:00

稲垣吾郎が初の単独主演映画で感じたこと、これからのキャリア

 [映画.com ニュース]2017年から「新しい地図」の一員として、新たなスタートを切った稲垣吾郎の初単独主演映画「半世界」。とある地方都市で育った同級生3人が、40歳を目前に再会する。人生の折り返し地点とも言える年齢になった男たちの生き様や友情を、阪本順治監督が書き下ろしたオリジナル脚本作だ。無骨な炭焼き職人の主人公を演じ、映画俳優としての新境地を見せた稲垣が、撮影を振り返った。(取材・文/編集部、写真/松蔭浩之)

 稲垣が演じるのは、妻と息子とともに暮らし、親から受け継いだ炭焼き窯で備長炭を作って生計を立てる紘。同じ地元で家族で中古車販売店を営む光彦(渋川清彦)、海外派遣を経験し、帰国した元自衛官の瑛介(長谷川博己)という幼なじみの3人が再び顔を合わせることになり、それぞれの生き方を模索しながらも変わらぬ友情を確認しあう。どこかで諦念を抱えながらも、小さな幸せとともに、地に足の着いた生き方を選択した市井の人々の人生を味わい深く描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >