2019/02/15 19:00

女王たちがし烈な争い!「ふたりの女王」マーゴット・ロビーらが語る特別映像

2人の女王の波乱に満ちた人生を描く (C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2人の女王の波乱に満ちた人生を描く (C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが共演する「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の特別映像が公開された。本編映像と共にキャストらが作品を解説していく。

 本作は、スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベス1世の波乱に満ちた人生を描く。16歳でフランス王妃となりながら、18歳で未亡人となったメアリーは、故郷スコットランドへ帰国し再び王位の座に就く。隣国イングランドの王位継承権を主張し、エリザベス1世の権力を脅かすメアリー。一方、エリザベスは、結婚と出産を経験し、若く自信にあふれたメアリーに複雑な思いを抱いていた。

 エリザベス1世を演じたロビーは「彼女たちは唯一お互いを理解し合える立場にいた。でも、同時に相手を脅かす存在だったの」と、従姉妹(いとこ)でもあるメアリーとエリザベス1世の関係性を説明する。メアリー役のローナンは「メアリーが世継ぎを産んだことは女性としてもエリザベスを苦しめた」と語り、出産を控えるメアリーの姿が映し出される。

 終盤には、自身の心に従い行動するメアリーをうらやみつつも、国家を優先したエリザベス1世が、メアリーの処刑を決断するシリアスなシーンも収められている。

 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」は3月15日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >