2019/02/15 19:00

神木隆之介は“KSK” DAIGO&北川景子夫妻が“半端ない演技力”に脱帽

“KSK”であり“SODFSDN”でもある神木隆之介
“KSK”であり“SODFSDN”でもある神木隆之介

 [映画.com ニュース] 百田尚樹氏の小説を映画化した「フォルトゥナの瞳」が2月15日、301スクリーンで公開初日を迎え、主演の神木隆之介をはじめ共演の有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、メガホンをとった三木孝浩監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。

 死期が近づく人間の姿が透けて見える主人公に扮した神木。初めて恋人役で共演した有村とのデートシーンは、ほとんどアドリブだったそうで「脚本には『デートする』としか書いていなくて。何を話したら良いかわからなかった」といい、「車の博物館で、僕が説明している描写は10回以上撮ったんですよ。急いで車のことを調べたんですが、撮影4回目くらいでネタが尽きて、同じことばかりしゃべっていた(笑)」と振り返る。有村も「最終的には、車を『でかいね』『長いね』『光ってるね』と言っていた」と笑っていた。

 さらに有村は、これまでも多く共演している神木の“男らしさ”を垣間見たことを告白。「劇中でつなぎを着ているんです」といい、「その姿で真剣に作業している様子は、役を通して見ると、背中が違った。たくましいんですよ! つなぎが単純に似合うし、今までは学生服姿をたくさん見ていたので、そのギャップもあった」と明かす。これには神木も「鍛えていたんですよ。つなぎが似合うように」と嬉しそうで、「でも、もう(トレーニングに)行ってないから、あの日には戻れない……。強化神木だったけど、今は弱化神木」と述べていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >