2019/02/18 04:00

「超可動ガール1/6」で千本木彩花、M・A・Oが動くフィギュア役 森川智之はサポートメカ役に

千本木彩花、M・A・O、森川智之が出演 (C)OYSTER /双葉社・ 「超可動ガール1/6 」製作委員会
千本木彩花、M・A・O、森川智之が出演 (C)OYSTER /双葉社・ 「超可動ガール1/6 」製作委員会

 [映画.com ニュース] 4月から放送を開始するテレビアニメ「超可動ガール1/6」に千本木彩花、M・A・O、森川智之が出演することがわかった。

 同作は、社会人オタクの房伊田春人(ぼういだはると)と、ある日突然動き出した、テレビアニメ「少女⇒惑星探査」のヒロイン・ノーナの1/6スケールフィギュアとの日常を描くドタバタラブコメディ。2人は、春人が書いていた婚姻届により、不思議な夫婦生活を送っていくことになる。OYSTER氏による原作漫画は「コミックハイ!」(双葉社刊)で2012年に連載を開始し、「月刊アクション」(双葉社刊)で15年に完結。17年からは、続編「超可動ガールズ~OVER DRIVE GIRLS~」が「月刊アクション」で連載されている。

 千本木は、PPG「ドラグリウス・サーガIV」の女勇者で“せんとうマニア”のベルノアを、M・A・Oは対戦格闘ゲーム「ストライキング・フィストIII」に登場する古流武術使いの少女で、実はオタクな天乃原すばるを演じる。どちらもノーナと同様、春人が購入した“動くフィギュア”という役どころだ。森川は、ノーナのフィギュアに同梱されていた、サポートメカのオズマ役を担当する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >