2019/02/18 04:00

佐藤純彌監督死去、86歳 「おろしや国酔夢譚」「男たちの大和」など大作手掛ける

「おろしや国酔夢譚」 (C)KADOKAWA 1992
「おろしや国酔夢譚」 (C)KADOKAWA 1992

 [映画.com ニュース] 「野性の証明」「おろしや国酔夢譚」「男たちの大和 YAMATO」などで知られる映画監督の佐藤純彌(さとう・じゅんや)さんが2月9日午後11時、多臓器不全による衰弱のため東京都内の自宅で死去した。86歳。2月17日に親族のみによる葬儀・告別式を終えて発表した。

 佐藤監督は3年前に消化器系の疾患により医師から入院を勧められたが固辞。その後は自宅で療養を続け、今年1月19日に行われた東映東京撮影所OBによる恒例の麻雀大会にも参加し元気な姿を見せていた。

 1932年11月6日、東京都生まれ。東京大学卒業後、56年に東映に助監督として入社。63年「陸軍残虐物語」で監督デビューし、ブルーリボン賞新人賞に輝いた。68年にフリーとなり、高倉健さん主演の「新幹線大爆破」(75)、「君よ憤怒の河を渉れ」(76)などの話題作を生み出した。

 その後、角川春樹氏プロデュースによる「人間の証明」(77)、「野性の証明」(78)を経て、「未完の対局」(82)、「敦煌」(88)、「おろしや国酔夢譚」(92)などの大作を次々に手掛けた。2005年「男たちの大和 YAMATO」でブルーリボン賞監督賞を受賞、08年に旭日小綬章を受章している。10年「桜田門外ノ変」が遺作となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >