2019/02/18 07:00

松坂桃李が本格的な殺陣シーンに初挑戦 「居眠り磐音」予告&ポスター公開

「この男、切ないほどに、強く、優しい。」 (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
「この男、切ないほどに、強く、優しい。」 (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 [映画.com ニュース] 俳優の松坂桃李が“時代劇史上最も優しく強い主人公”を演じる映画「居眠り磐音」の本予告映像とポスタービジュアルが公開された。映像には、松坂が初挑戦している本格的な殺陣のシーンがおさめられている。

 シリーズ累計発行部数2000万部を突破した、作家・佐伯泰英氏の人気時代小説を初映画化。本木克英監督がメガホンをとり、第42回日本アカデミー優秀助演男優賞をはじめ、第61回ブルーリボン賞、第92回キネマ旬報ベスト・テンなど受賞を重ねる松坂が主人公の浪人・磐音を演じる。江戸で浪人暮らしを送りながら、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く磐音が、下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る物語を紡ぐ。

 本予告の冒頭では、軽快な音楽にのせて「眠狂四郎」「丹下左膳」「座頭市」「椿三十郎」など時代劇の名作タイトルが浮上。そんな長い歴史の中で、本作は“改元後初の時代劇作品”として、新時代の英雄の姿を描く。うなぎを焼く磐音の穏やかな表情をとらえる一方で、用心棒として刀をふるう、きりりとした眼差しを緊張感たっぷりに活写。さらに、磐音の暮らしを支えるおこん(木村文乃)の笑顔、悲しい過去を背負う許嫁・奈緒(芳根京子)の涙など、磐音を取り巻くダブルヒロインの魅力が映し出されている。

 ポスターには「この男、切ないほどに、強く、優しい。」という言葉とともに、磐音の何かを訴えるような表情が切り取られている。さらに、木村と芳根をはじめ、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、ピエール瀧、石丸謙二郎、西村まさ彦、陣内孝則、谷原章介、中村梅雀、柄本明という総勢13名の豪華キャスト陣が集結している。

 「居眠り磐音」は、5月17日から全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >