2019/02/18 13:00

ベルリン国際映画祭はイスラエル人監督作に金熊賞!F・オゾン監督作は審査員グランプリ

フランソワ・オゾンが神父による性的虐待 事件を題材にした社会派作品に銀熊賞
フランソワ・オゾンが神父による性的虐待 事件を題材にした社会派作品に銀熊賞

 [映画.com ニュース] 第69回ベルリン国際映画祭の授賞式が2月16日に行われ、金熊賞をイスラエル人監督ナダブ・ラピドの「Synonymes」が受賞した。

 本作は、国籍を捨てたいイスラエル出身の青年が、仏パリに渡り同化しようとしながらもさまざまな壁に突き当たる物語。だが粗暴ともいえる主人公のキャラクター設定や説明を省いた描き方、暴力的なまでに荒々しい映像などから、いかようにも解釈できる内容ゆえ、賛否両論に。また物語の性格上、イスラエルやフランスでもすでに議論が持ちあがっている。もっとも、ラピド監督は受賞会見で、「政治的な観点からだけでこの作品を見ないで欲しい。博愛主義や実存主義的な面もあり、祝祭的な部分もある」と語った。

 審査員グランプリに輝いたのは、フランソワ・オゾンが実際に起きた神父による性的虐待事件を題材にしたフィクション「By the Grace of God」。カトリックの僧侶が長年にわたり少年たちに性的行為をおかしてきた事実を、教会組織全体が見逃してきたなか、30年余を経てようやく訴訟に持ち込もうとした被害者たちの姿を描く。これまでの作品とは一線を画した社会派だが、オゾン監督は「『スポットライト 世紀のスクープ』のフランス版と呼んでもらって構わない。ただし僕は教会を糾弾することが目的ではなく、むしろ被害者たちの苦しみ、彼らの声を知ってもらうことを目的に作った」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >