2019/02/18 17:00

製作費77万円!「カメ止め」下回る超低予算のハリウッド映画「Red 11」が全米お披露目

メガホンをとったロバート・ロドリゲス監督
メガホンをとったロバート・ロドリゲス監督

 [映画.com ニュース] 「アリータ バトル・エンジェル」「スパイキッズ」などで知られるロバート・ロドリゲス監督の新作ホラー「Red 11(原題)」が、推定7000ドル(約77万円)で製作され、3月15日にテキサス州オースティンで行われるSXSW映画祭で上映される。「カメラを止めるな!」の300万円をはるかに下回る、超低予算のハリウッド映画だ。

 ロドリゲス監督にとって、7000ドルという数字は馴染み深いものでもある。テキサス大学卒業後に撮影したデビュー作「エル・マリアッチ」(1992)も、わずか7000ドルの費用で製作。当時24歳の同監督が脚本など7役を兼ね、14日間で撮り上げたが、独特の技法の数々が高く評価され、今なお“超低予算映画の金字塔”として知られている。最終興行収入は製作費の約291倍である約204万ドルを記録し、「デスペラード」(95)、「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」(2003)と続編も公開された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >