2019/02/20 13:00

ガス・バン・サント監督、10年ぶりの来日 R・ウィリアムズの情熱がこめられた新作を語る

困難に満ちた映画化の過程を明かす ガス・バン・サント監督
困難に満ちた映画化の過程を明かす ガス・バン・サント監督

 [映画.com ニュース] 「ミルク」「プロミスト・ランド」で知られるガス・バン・サント監督が「ドント・ウォーリー」を引っさげ約10年ぶりに来日し2月19日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われたティーチインイベントに、エディターの野村訓市氏とともに登壇した。

 2014年に死去した俳優ロビン・ウィリアムズさんが構想していた作品を、企画から約20年の時を経て映画化。自動車事故によって車いす生活となり、アルコール依存に苦しみながらも懸命に生き抜いた実在の風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描く。ホアキン・フェニックスが主人公キャラハンを演じるほか、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラックが共演する。

 「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「ミルク」で米アカデミー賞の作品賞にノミネートされ、「エレファント」でカンヌ国際映画祭のパルムドールと監督賞に輝いたバン・サント監督。新作「ドント・ウォーリー」の舞台は、キャラハンが事故に遭ったカリフォルニア州ロング・ビーチ、リハビリセンターがあるダウニー、住居があったオレゴン州ポートランドだが、実際の撮影はロサンゼルスで行ったという。バン・サント監督は「僕がロサンゼルスに引っ越したから、そこで撮影しました。ポートランドは捨てました」と茶目っ気たっぷりにほほ笑む。野村氏は「ガスと言えば、ポートランドのアンバサダーみたいな存在だったのに……」と嘆くと、「長年の友人でもあるミランダ・ジュライ監督が、ポートランドが舞台の映画をロサンゼルスで撮影して、インスパイアされたんだ」と明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力があるので、ターゲットを一つに絞って取り組もう。遊び...もっと見る >