2019/02/20 17:00

ディズニーのダークヒーロー誕生! K・ブラナー監督作「アルテミスと妖精の身代金」

魔法とハイテクノロジーを駆使する妖精たちとの頭脳戦 (C)2019 Disney Enterprises, Inc.
魔法とハイテクノロジーを駆使する妖精たちとの頭脳戦 (C)2019 Disney Enterprises, Inc.

 [映画.com ニュース] 全世界発行部数2500万部を突破したSFファンタジー小説を、ウォルト・ディズニーが映画化する「Artemis Fowl」が、「アルテミスと妖精の身代金」の邦題で2019年の秋に日本で公開されることが決定した。「マイティ・ソー」「オリエント急行殺人事件」を手掛けたケネス・ブラナーがメガホンをとり、ディズニー作品では珍しい“ダーク・ヒーロー”の物語を紡ぐ。

 アイルランドの作家オーエン・コルファーによる大ベストセラー「アルテミス・ファウル」シリーズが原作。伝説的な犯罪一家に育った12歳の天才少年アルテミス・ファウル2世と、魔法とハイテクノロジーを駆使する妖精たちとの戦いを描いた。01年の刊行開始当初は3部作の予定だったが、人気に火がつき増刊となり、12年に発表された第8巻「Artemis Fowl: The Last Guardian」で完結を迎えた。40カ国以上で翻訳され、世界中で人気を博している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >