2019/02/20 17:00

「あの日のオルガン」平松恵美子監督が明かす、山田洋次監督から学んだこと

「疎開保育園」の実話を映画化した (C)2018「あの日のオルガン」製作委員会
「疎開保育園」の実話を映画化した (C)2018「あの日のオルガン」製作委員会

 [映画.com ニュース] 太平洋戦争末期、若い保母(保育士)たちが戦時下で幼い園児たちの命を守るため集団で疎開した「疎開保育園」の実話を映画化した「あの日のオルガン」。メガホンをとった平松恵美子監督は、「小さいおうち」「母と暮せば」「家族はつらいよ」シリーズをはじめ、長年にわたり山田洋次監督の創作活動を共同脚本&助監督として支えてきた。そんな平松監督が、独自の演出方法や山田監督から受けた激励の言葉などを明かした。

 1944年、太平洋戦争末期の東京。戸越保育所では、園児たちの安全を確保するため、保母たちが保育所の疎開を模索していた。ようやく受け入れ先として見つかった埼玉県の荒れ寺で疎開生活を開始した保母たちと園児たちは、日々噴出するさまざまな問題に直面しながらも、互いに励ましあいながら奮闘していく。戸田恵梨香と大原櫻子が主演を務め、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵が保母役で共演。田畑智子、夏川結衣、田中直樹(ココリコ)、橋爪功らが脇を固めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >