2019/02/20 22:00

「まく子」で新境地を開いた草なぎ剛 「昨日やっと原作を読み終わった」とまさかの告白!?

舞台挨拶に立った草なぎ剛
舞台挨拶に立った草なぎ剛

 [映画.com ニュース] 直木賞作家・西加奈子氏の小説を映画化した「まく子」の完成披露上映会が2月20日、東京のシネ・リーブル池袋で行われ、主演を務めた山崎光をはじめ、共演した新音(にのん)、草なぎ剛、須藤理彩、メガホンをとった鶴岡慧子監督が登壇した。冒頭では緊張気味の山崎と新音をリラックスさせるように、草なぎは「山崎くん、大きくなったね! 新音ちゃんも! 本当に2人は頑張りました」と声を掛け、笑顔を浮かべた。

 小さな温泉街に住む少年・サトシ(山崎)が、転入生の不思議な少女コズエ(新音)との出会いを通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとの切ない初恋を軸に、家族を愛しながらも浮気をしてしまうサトシの父親(草なぎ)、それを知りながら明るく振舞う母親(須藤)、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子など、小さな町のどこか不器用な人々を映し出す。

 春らしい個性的な衣装で登場した草なぎは「僕の衣装、須藤さんから『仮縫いの状態で来たの?』って言われて。そんなわけないじゃないですか! (観客の反応を見て)あ、ややウケかな」と場を和ませる。そして、スーツでビシっと決めた山崎を見て、「撮影の時と今日で、全然(印象が)違う。そんなかっこいいスーツを着こなせるようになっちゃったんだね! (撮影では)役づくりで、子どもっぽく見えたのかな?」と目を丸くし、本当の父親のように山崎と新音の成長ぶりに目を細めていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >