2019/02/21 15:00

安田顕「ぼくいこ」主題歌に4時間泣いた!映画オリジナルMV公開

人気エッセイ漫画を映画化した (C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした 時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
人気エッセイ漫画を映画化した (C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした 時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

 [映画.com ニュース] 安田顕が主演する「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」から、BEGINが手がける主題歌「君の歌はワルツ」のレコーディング風景も収めたMVが公開された。

 本作は、宮川サトシ氏のエッセイ漫画を原作に、がんを患った母との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活が描かれている。主人公サトシを安田が演じ、母を倍賞美津子、サトシの恋人を松下奈緒が演じている。主題歌のレコーディングには安田がトライアングル、松下がピアノ、大森立嗣監督がパーカッションのほか、それぞれコーラスで参加している。

 公開された映像は、本編を使用した映画オリジナルMVのほか、和やかなレコーディングの模様などが収められている。レコーディングを終えた安田は、岡山から東京に向かう新幹線の中で主題歌のデモ音源を渡されたというエピソードを披露。BEGINを前に「岡山から(東京まで)4時間くらいかかるんですよ。ずっと泣いてました。『涙はいらない』って歌詞の時に涙が出るんですよ。『明日はいらない』って時にちょっとニヤッとしました。ずっと、これは良いなぁと思って」と感動したことを明かした。

 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は2月22日から全国公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力があるので、ターゲットを一つに絞って取り組もう。遊び...もっと見る >