2019/02/22 13:00

色彩&音響設定や脚本作りの極意 「ビール・ストリート」の“設計図”を監督自ら解説!

「ムーンライト」でオスカーに輝いた バリー・ジェンキンス監督 (C)Yoshiyuki Uchibori
「ムーンライト」でオスカーに輝いた バリー・ジェンキンス監督 (C)Yoshiyuki Uchibori

 [映画.com ニュース] 「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督が、待望の最新作を撮り上げた。2月25日(日本時間)に授賞式が行われる第91回アカデミー賞で、助演女優賞・脚色賞・作曲賞にノミネートされている「ビール・ストリートの恋人たち」が、本日から日本公開される。公開を前に来日したジェンキンス監督に、作品作りの極意を聞いた。

 強いきずなで結ばれた19歳のティッシュ(キキ・レイン)とファニー(ステファン・ジェームス)。幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。

 ジェンキンス監督らしい抒情的な映像で幕を開ける本作は、「ムーンライト」からより先鋭化された色彩や構図の美しさ、愛の言葉に彩られたメロウかつロマンティックな1本。「無実の罪」というシリアスなテーマも盛り込み、障害や試練に立ち向かう若きカップルの清く、血の通った愛が、見る者に切なく訴えかけてくる。ジェンキンス監督は、「『ムーンライト』もそうなんだけど、僕たちがやろうとしたことは主人公の意識、感じていることを伝えることだった。カメラワークも色彩設定も、すべてはその時に主人公が感じている気持ちを増幅させるために使っているんだ」と独自の作品世界の“設計図”について解説する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >