2019/02/22 13:00

映画評論家・町山智浩、スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」の背景を解説

町山智浩氏
町山智浩氏

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で6部門にノミネートされているスパイク・リー監督最新作「ブラック・クランズマン」のジャパンプレミアイベントが2月21日、渋谷のシネクイントで行われた。本編上映後には映画評論家の町山智浩氏が来場し、日本の観客には分かり難い本作の背景について生解説した。

 黒人刑事とユダヤ人の刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」に潜入捜査するさまを描き出したノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化した本作。本作劇中には、ビビアン・リー主演の「風と共に去りぬ」や、D・W・グリフィスの「國民の創生」といった過去の名作のフッテージ映像、そして「黒いジャガー」「コフィー」「スーパーフライ」といったブラックスプロイテーション映画のポスターなどがところどころで登場する。

 町山によると、これらの作品は、映画が黒人をどう描いてきたかという歴史を指し示しているという。「國民の創生」はKKKを称賛する映画となっており、同作に感銘を受けた人たちが、映画公開当時は消滅していたKKKを再興させるきっかけになった悪名高き映画であることなどを説いた。1970年代になると、黒人であることに誇りを抱くブラックパワーのムーブメントが起こり、ブラックスプロイテーション映画と呼ばれるジャンル映画が人気を集めたことなどが、これらの映画の背景にあるという。「この映画では、あまりにも白人がまぬけに描かれていると思いませんか? この映画はブラックスプロイテーション映画のスタイルで描かれた映画なんです」と町山は解説する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >