2019/02/22 19:00

「ぼくいこ」安田顕&大森立嗣監督が感銘を受けた、倍賞美津子の“奥深さ”

 [映画.com ニュース] 宮川サトシ氏による人気エッセイ漫画を映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(公開中)。衝撃的なタイトルだが、その中身は最愛の母の死との向き合い方とその後が、温かくも丁寧に描かれている。劇中で母子を演じた安田顕、倍賞美津子、メガホンをとった大森立嗣監督に話を聞いた。

 本作は、宮川氏の実体験に基づき、がんになった母との最期の日々から葬儀、そしてその後の人生が描かれる。主人公サトシを安田、サトシの母・明子を倍賞が演じ、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司らが共演した。

 脚本も手がけた大森監督は「剛速球で直球な原作だったので、どうやって映画にしたらいいのか悩みましたが、サトシ以外の視点も入れてチャレンジしてみようと思いました。サトシの家族は温かくて良いですよね。でも、ときどきぶつかったりもする。そういうときの明子を演じる倍賞さんのバーンとした物言いが大好きでした。深いところではつながっているという親子関係がいい」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >