2019/02/22 19:30

戸田恵梨香&大原櫻子「あの日のオルガン」監督演出に“衝撃”「ドキッとしました」

「あの日のオルガン」撮影の日々を振り返った
「あの日のオルガン」撮影の日々を振り返った

 [映画.com ニュース] 太平洋戦争末期、日本で初めて園児を連れて集団疎開を敢行した保母(保育士)たちがいた。“疎開保育園”の知られざる実話を映画化した「あの日のオルガン」(公開中)で主演を務めた戸田恵梨香と大原櫻子が撮影の日々を振り返り、本作への思いを語った。

 1944年、東京・品川の戸越保育所では、園児たちの安全を確保するため、保母たちが保育所の疎開を模索していた。ようやく受け入れ先として見つかった埼玉県の荒れ寺で疎開生活を開始した保母たちと園児たちは、日々噴出するさまざまな問題に直面しながらも、互いに励ましあいながら奮闘していく。

 保母たちのリーダーで責任感の強い楓を演じた戸田は、撮影前に「二十四の瞳(1954)」などの作品を見てイメージをふくらませたという。「役者さんのお芝居を取り入れられるところは取り入れながら、現代に生きる私たちにできることは何か考えながら作品に臨みました。私は阪神・淡路大震災を経験しているので、そのときに目で見たこと、聞いたことも思い返しました」と述懐。「戦争を題材にしてはいますが、若い世代にも見てほしいですし、現代にもつながる時代を超えて伝えられる作品だと思います。日常が突然なくなる瞬間は現代にも平等にあって、幅広い世代に共感してもらえる作品だと思います」と熱い思いを伝える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >