2019/02/22 19:30

戸田恵梨香&大原櫻子「あの日のオルガン」監督演出に“衝撃”「ドキッとしました」

 天真爛漫で音楽好きな光枝を演じた大原は、役作りについて「戸田さんと一緒に保育園の実習に行って、どうしたら子どもたちの目線に立てるのか考えていました。時代は違いますが、光枝だけは現代でもいそうな感じがします」と語る。撮影中は子どもたちの笑顔を引き出す方法に悩んだというが、「ただシンプルに“愛せばいい”っていう答えが見つかったんです。それが正解とは限らないですが、自分なりに子どもが好きという気持ちを持てばいいんだなって気づきました」と笑みを浮かべる。子どもたちと深く関わり、「この笑顔を守りたいなって思いました」と初めての感情が生まれたという。

 メガホンをとった平松恵美子監督は、「小さいおうち」「母と暮せば」「家族はつらいよ」シリーズをはじめ、長年にわたり山田洋次監督の創作活動を共同脚本&助監督として支えてきた“右腕”的存在だ。2人は平松監督ならではの演出に驚いたときもあったようで、特に戸田はあるシーンを「衝撃でした」と振り返る。「東京の状況を疎開保育園の子どもたちに伝えるシーンだったのですが、2日前に平松監督から『歌舞伎みたいに話して』『違和感がほしい』と言われて、私は『はい』と言ってしまったんです。歌舞伎の動画を見て勉強しているときに、違和感というのは言葉の区切りのことだとなんとなく感じたので、セリフの句読点の位置を変える作業をして、話すスピードにも変化をつけました。現場で平松監督からは何も言われなかったので、それで正解だったのかなと思っています」と達成感をにじませ、「役者にすごい課題を与える監督さんだなと思います。試されているって思って、ドキッとしました」と、うれしそうに話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目の前のことをコツコツと進めること。今日は手を広げるより、...もっと見る >