2019/02/22 20:10

浅川梨奈、腹部を共演者の頭が貫く 主演作公開初日になぜか“人体貫通イリュージョン”

謎のシチュエーションに会場困惑
謎のシチュエーションに会場困惑

 [映画.com ニュース] 三家本礼氏による人気漫画を新たなに映画化した「血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐」「血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒」が2月22日、東京・台場のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で公開され、主演の浅川梨奈、共演のあの(ゆるめるモ!)、佐野いずみ、メガホンをとった山口ヒロキ監督が舞台挨拶に出席した。

 ふんどし&セーラー服の女子高生・鋸村ギーコがチェーンソーを武器にゾンビと戦う姿を描き、2016年には内田理央主演で映画化された人気漫画を、装いも新たに再映画化。ギーコ役の浅川は「自分がギーコを演じるプレッシャーもありましたが、内田さんとはまた違ったギーコを作れると思い、前作の映画を見ず、原作漫画を頼りに役作りしていました」と述べた。

 さらに「『やれやれだぜ』というセリフがあります。もともと台本では『やれやれだな』でしたが、ギーコだったら『だぜ』と言うと思い、テストでそう演じました」と説明し、「内田さんもそのようにしていたと聞いて、同じ気持ちでできているのかなと、嬉しく思いました」とニッコリ。今作は4DXで上映されるが、山口監督は「4DXでの上映ありきで製作しています。前作よりコミカルで、悪ふざけ感がすごい。普通の4DX作品では見られない、変な効果をどんどんぶつけられる」とアピールに努めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >