2019/02/23 12:00

「ブラック・クランズマン」でオスカー監督賞初候補!スパイク・リー監督が歩む“独自性”

服装にも注目! (C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
服装にも注目! (C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で6部門にノミネートされている「ブラック・クランズマン」。授賞式を2月24日(現地時間)に控えるなか、本作で監督賞に初ノミネートを果たしたスパイク・リー監督の逸話を紹介する。

 「マルコムX」「25時」などを手がけ、もともと映画ファンからの信頼度は高いリー監督は、1990年に「ドゥ・ザ・ライト・シング」でアカデミー賞脚本賞にノミネートされた。2015年には映画界への長年の貢献を称えられ名誉賞も受賞したが、俳優部門にノミネートされたのが2年連続で白人だけだったことをきっかけに「白すぎるオスカー」問題が勃発。リー監督は真っ先にその問題をとらえ、授賞式へのボイコットを表明したことが話題になった。

 映画界からの支持は熱く、「ゲット・アウト」を大ヒットに導き、本作の製作にも携わっているジェイソン・ブラムは自身のTwitterで“#SpikesTimeIsNow(いまこそスパイク・リーの時)”というハッシュタグを作り、リー監督のオスカー獲得を熱心にサポート。「ブラック・クランズマン」と同じく本年度アカデミー賞作品賞にノミネートされている「ROMA ローマ」のアルフォンソ・キュアロン監督も、自身のTwitterで「ブラック・クランズマン」を絶賛している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >